FC2ブログ

In order to acquire The key of Eden in that hand

Chino

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Top ▲

肉を喰らう【プロローグ】

2012/04/18

人々の話し声でにぎわい、耳を澄ませば豪快な笑い声や様々な声が耳に入ってくる。
外からは食べ物の良いにおいと、暖かい電灯。それだけでなぜか立ち寄りたくなる――そんな雰囲気を醸し出している。
そこはギルドが運営している、一般市民にも開放されている食堂である。
その食堂の中のカウンター席に、一人座っている赤毛の青年が居た。



「フォル、ステーキと、サラダ一つずつ食べたいんだけど、大丈夫かな?」
青年はいつもより寂しく水色の髪をした少女に話しかけた。
「あっ、チノさん…その…今作ります!」
チノ――と呼ばれた青年の声に、フォルと呼ばれた少女は急いで調理を進める。
「フォル、あんまり急がなくていいよ。キミさ、さっきも焦って料理がヤバいことになったろ」
その事実を示すかのように、一つのフライパンの中に、黒い物体がぶすぶすとくすぶっていた。
「あのっ、それは私がタイマーの設定を間違えたからで…その…本当にっ…ごめんなさい!」
「オレに謝る必要なんてないって。ほら、サラダにいっぱいドレッシング掛かってる」
カウンターテーブルには、これでもかとあらゆる類の調味料を掛けたサラダが出されていた。
「わわっ、ごめんなさいぃっ!!!」
フェリクは我に返って調味料ジャンキー御用達のサラダを見て、謝った。
「いいって、いいって。オレはそんなに気にしてないから大丈夫だよ。フォルが悲しい顔をしてると、オレまで悲しくなっちまう。だから明るく、な?」
チノはサラダに手を伸ばす。口にしたとたんに、調味料達が味の主張をし合う。チノは不味いというよりもむしろ美味しそうな顔をしてしばらく調味料を口にし続けた。
「あっ、で…でもステーキは…その、おいしくできましたよ!」
テーブルに出されたのはステーキ。肉汁のしたたる、ミディアムレアに仕上がっていた。チノはそれを見るや、ナイフで肉をざっくりと切った。そして切った肉を、豪快に食べる。
「その…料理、おいしいですか?」
フェリクは訊いた。チノは肉を飲み込み、こう言った。
「もちろん。もう食べちまったよ。ごちそうさま」
チノは口をナプキンで拭いながら言った。テーブルには食後のお茶が置かれていた。フェリクの計らい、だろうか。




チノはお茶を飲み、食事代を払うコインを用意しようと右ポケットを探った――。
のだが、ポケットの中にはサイコロと少しの飴しか入っていなかった。念のため左ポケットも探ったが、そこには冷たい鉛――大量の弾丸が入っていた。
どうしようかと思案するついでに銃の手入れをする。今日は銃を使っていないのだが、念には念を入れて手入れをした。だがコインが出てくる筈もなく、ゴーグルを装着した――が、そこに出るのは異能の情報ばかり。にぎやかで人の多い場所だったので、すぐにゴーグルが曇ってしまった。
「はー…どうするかなぁ…オレ」
チノはぼそりと呟いた。
「あぁ…そうだった、今日の分のコインはあの子に全部使ったんだった……」
ふと今日に奢った女性の事を思い出した。チノの顔が寂しくなって下を向く。
「あの…チノさん?今日は…その、ツケで大丈夫ですよ?」
フェリクの言葉に驚いた。まさかさっきの呟きが聞こえていたのか、とチノは思った。
「え…フォル、いいのか?」
チノは言った。
「いっ…いいんです!そのかわり、次来た時は、まっ、まとめて払ってくださいね」
「ああ、わかったフォル。ありがとな」
彼はそう言って、外へ出るドアを開けた。




チノは食堂の外へ出た。外は暗く、星が少し見えた。
彼はふと携帯電話を覗く。新着メッセージが一件、届いていた。
「こんな時間にメール?誰なんだ…?」
メッセージを見る。見知らぬメールアドレスに、”ゲーム参加おめでとう”という文字が浮き出た。新手の詐欺かと思ったが、本文を見るとどうやら詐欺ではないようだった。
「ゲーム…ピアチェ………エデンの…鍵……? …なんだこのメール、詐欺にしか見えない…な」
彼はそう思った。が、彼にはそのメッセージを消す事が出来なかった。
「もし詐欺じゃなかったら、どうしようもねえよなぁ…それに、ゲームには勝たねえとな」
彼は携帯をしまい、飴を口に放り込む。
「それにしても、『醜く勝利に執着する様』……か、人間って、大抵そんなもんだと思うけどな…」
そうして彼は、夜の街をまた歩き出すのだった。

[ read more ]

Top ▲

銃で穿つ【一回戦】

2012/04/29

「リスを捕まえる…?簡単だな。こりゃすぐに終わるかもしれねえな」


住宅街のとある借家。部屋。
チノはベッドの上に仰向けになり、携帯を見ながらそう呟いた。
黄の腕章には”運営”から貰った星が一つ、輝く。
「小動物ってのは大抵こんな時間は闇にまぎれてるもんだが、この星がついてるなら多少は見つけやすいか」
携帯を捉えていた目が、腕章の星を捉える。星には自分の名前が彫ってある。
星というものは闇の中でこそ輝きを増すもの——。というのが彼の考えの一つであった。
彼は時計を見た。この時間であれば他組織の人も少ないだろうと彼は思った。
「さ…てと、リス、捕まえないとな」
彼はベッドから起き上がった。
「星を貪欲に求めて、醜い勝利が何なのか、オレがこの目で確かめてみるか」
彼は銃を手にし、ホルダーにしまう。そして、借家を出た。


「今日は地下から…と」
チノは隠し通路から地下の水路に入っていく。
地下へ通じる隠し通路を、彼はあらかた知っている。幼少期の生活において、地下に隠れ潜む事は日常茶飯事だったからだ。
それに加え使われていない水路や、不気味な水路、様々な事情があり、今ではこの通路を利用する者は居ない。
チノは水路を走っていった。時々足を止めて、水音や足音に耳を澄ませる。
そして走って走って、数時間——リスはいまだ見つからない。
チノは通路に座り、体を休ませる。地下に入ってから今までチノは、誰にも遭遇していなかった。
チノは周りを見回した。いつの間にやら不気味な水路の近くまで来ていたようだ。
「こうして眺めると不気味な水路だな…だけどあそこにリスが迷い込んでるかもしれない」
彼は気持ちを奮い立たせ、不気味な雰囲気のする方へ向かっていった。


水路をどんどん進んでいく。進む度に彼の感覚は研ぎ澄まされていく。
階段を上り、通路を通っていくと、彼の耳にバシャバシャと微かな音が聞こえた。
「魔物か…?」
彼は水音のする方へ駆けていく。だんだんと水音は激しくなっていく。
彼は大きな所に出た。するとそこにはお目当てのリス———そして…ゼリー状の魔物。
「あぁ——こりゃ星が欲しけりゃ魔物を倒せって言う運営の計らいかも…なぁ!」
彼は咄嗟に銃を構え、魔物めがけて撃った。


水路に銃声が鳴り響く。
魔物と銃の相性は悪かった。
「ったく、弾が切れる!」
銃弾を装填しようとするが、魔物が襲いかかってくる。チノはすかさず蹴りを入れた。研ぎ澄まされた蹴りが魔物を裂く。
「しつっ…こい魔物だな!」
彼は右に持つ銃で魔物を振り払う。銃は刃のように魔物を裂いた。
銃弾を銃に装填し終えた。ポケットの中の銃弾は少ない。
「これでやってやる…」
少しでもダメージを、少しでも威力の高さを。
チノは魔物との間合いを詰める。至近距離での射撃、距離が近づく程威力は高まる。
ゼリーに銃口が当たった。零距離射撃。
「行けぇっ!」
チノは全弾を魔物に撃ち込んだ。ゼリーが弾け飛び、少し顔に掛かる。魔物は跡形も無く散った。
「魔物は倒した。あとはリスを見つけるだけ——」
そう呟きながら顔を拭う。ゼリーの臭い匂いが鼻をつく。
リスは簡単に見つかった。彼はリスの星を取り、リスに語りかけた。
「キミはもう地下に入るんじゃないよ。オレが森に帰してやるから、な」
腕章に星を付け、チノとリスは帰路についた。

地上へ出ると、星の輝く夜は過ぎ、代わりに朝焼けの太陽が、さんさんと輝いていた。




チノ…星取得

[ read more ]

Top ▲

幸と不幸と【第二回戦・個人戦】

2012/05/11

チノが人間競馬をするお話。

朱緒さん宅の藤堂錦さんと美月さん宅のワーブラ君をお借りしました。
ちょっと長いので追記からどうぞ…。

追記編集する可能性があります。
※微修正追記しました。

[ read more ]

Top ▲

Copyright (c) In order to acquire The key of Eden in that hand All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。